QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
イズミヤ
イズミヤ

2019年07月06日

今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!







皆さんこんにちわ。(●^o^●)








今日は梅雨の中休みなのに、夏本番かと思う位の天気はれですね。








それでは今日も更新頑張ります!ぐー







今日はファーレン松山様より、ポロがボディーガラスコート、ゴルフがIRフィルムとボディーガラスコートで入庫しています。


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!




いつも有難うございます。face_02







後で書きますが、今はもう新車を買ったら、ボディーコートは当たり前のように施工される方が多いと思いますが、フィルムに関してはプライバシーガラスの影響もあり、諸外国と比べ日本はまだまだ少ないみたいですね。








その事についてまた後程書かせて頂きます。








次にですが、BMWのデントリペアを協力業者である高槻氏にお願いしました。


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!



左前ドアに、二か所の凹みが有るとオーナ様より聞いてたのですが、高槻さんが見るともう一か所有るとの事で、計三か所の修理となりました。







デントリペアと言うのは、凹んだドアの中に先の曲がった金属棒を水抜き穴とかから突っ込んで、内側から押し出す技術です。







その為、最近のドイツの高級車に使われてるアルミ素材のドアなどは伸びないので、デントリペアでは修理出来ないそうです。







今回のBMWは鉄の素材だったので、問題なく修理出来ましたが、多種多様な部位や凹みに対応する為、道具もこれだけの種類が有ります。


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!



勿論修理後は何処に凹みが有ったのか、あらゆる角度から見ても全く分からなくなりました。







費用にしても、板金塗装と比べると断然お安く出来ますし、たった数時間で完了します。







ちょっとした凹みの修理も、是非当社までご連絡下さいませ。face_02







次ですが、アクアにホログラフィックフィルムの施工を行いました。



今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!


今日は今までの常識を覆したフィルム、LFTダブルバリアフィルムを紹介します!




実はこのお客様、最初は前ドアだけの施工だったのですが、メチャメチャ気に入られたらしく、やはりフロントガラスにも貼りたいとの事で再入庫して戴きました。







ホログラフィックフィルムは見た目だけでなく、紫外線も赤外線もカット出来るので室内空間も快適になりますから、車に乗るのも今まで以上にきっと楽しくなると思います。







どうも有り難う御座いました。face_02









それでなんですが、今日はちょっとフィルムの重要性について書こうと思います。







先ほど新車を買ったら、ボディーコートは当たり前のようにするけど、フィルムはまだまだだと書きました。







また、フィルムは貼ったけど後部座席のみで、フロントガラスや運転席助手席には貼って無いと言う方も多いと思います。







しかしですね、殆どのクルマでプライバシーガラスが装着されてる現在では、リアよりもフロントにフィルムを貼る方が重要だと私は思うんです。







それは何故かと言いますと、人の肌はその八割が年齢ではなく、紫外線によって劣化するからなんですね。


詳しくは下記のサイトをご覧ください。

https://www.hikari-rouka.org/






ですので肌の劣化を防ぐには、出来るだけ紫外線からお肌を守る必要が有るんです。







また、車の中のシートや特にダッシュボードなどは、真夏は高温にさらされその熱により劣化が促進されます。







その為少しでも紫外線や高温から、車内の人やクルマの内装を守る為の、車内空間が必要ではないかと思うんですね。







最近のクルマは、UVカットやIRカットガラスが使われてる車種も多いですが、100%完璧では無いので、やはりフィルムを貼った方が安心出来るとは思いますね。







じゃあどんなフィルムを貼ればいいのかですが、フロントに貼る事の出来るフィルムは規制の関係で限られており、ガラスに貼った状態で可視光線透過率70%以上が必要です。







そして国内で圧倒的なシェアを誇っているのが、ウインコスIR90HDと言うフィルムで、当社もこれを使っています。







その性能は、UVカット率99%、近赤外線カット率90%と言うものです。






これを見ると、UVで99%、近赤外線で90%もカットするなら凄いと思われるかもですが、じつはこの数値、UVや近赤外線の全域に亘ってではなく、メーカーが範囲を決めてその範囲に限っての数値なんですね。






こう書くとインチキに思えるかもですが、これはJIS S 3107に準拠してるので偽りではないんです。






しかしそうなると、紫外線や近赤外線の全域に亘ってカット出来るフィルムは無いのでしょうか。






実は有るんです!





それがこれから紹介する、LFTダブルバリアフィルムです。

https://www.barrier-film.jp/#feature






これは今までの、ガラスフィルム業界の常識を覆したフィルムです。






私がここに書くより、サイトを見て頂いた方が良く分かると思いますので割愛しますが、興味を持たれた方は当社までお問い合わせ下さいませ。








それでは明日は日曜日ですね。







久しぶりに高知の日曜市やひろめ市場にでも行こうかと思っています。







紫外線浴びるのは嫌なので、日傘持って行きます。(^_^;)







それでは皆様良い週末をお過ごしください!(^o^)丿








同じカテゴリー(ボディコーティング)の記事画像
今日はCX-5にスーパーダイヤモンドメイク等の施工に、自分の車にLFTダブルバリアフィルムを貼って見た話です。
今日はN-BOXのボディーコートに断熱フィルムの施工。ステップワゴンにコートテクトを装着しました!
今日はフィットのフルコース施工に、レガシィのヘッドライトリペア。ベンツの腐食したモールにラッピングを行いました。
今日は板金修理後のボディーコートに、モールフィルム、ヘッドライトリペア、ホログラフィックフィルムの施工などです。
今日はミラココアとフィアットのボディーコートに、コートテクトとホログラフィックフィルムを沢山施工しました。
今日はスーパーダイヤ・ファイブスターコートの施工に、アウディ、ビートル、クラウンのホログラフィックフィルム施工です。
同じカテゴリー(ボディコーティング)の記事
 今日はCX-5にスーパーダイヤモンドメイク等の施工に、自分の車にLFTダブルバリアフィルムを貼って見た話です。 (2019-07-13 17:40)
 今日はN-BOXのボディーコートに断熱フィルムの施工。ステップワゴンにコートテクトを装着しました! (2019-06-22 16:58)
 今日はフィットのフルコース施工に、レガシィのヘッドライトリペア。ベンツの腐食したモールにラッピングを行いました。 (2019-06-14 15:43)
 今日は板金修理後のボディーコートに、モールフィルム、ヘッドライトリペア、ホログラフィックフィルムの施工などです。 (2019-05-31 18:00)
 今日はミラココアとフィアットのボディーコートに、コートテクトとホログラフィックフィルムを沢山施工しました。 (2019-05-18 15:28)
 今日はスーパーダイヤ・ファイブスターコートの施工に、アウディ、ビートル、クラウンのホログラフィックフィルム施工です。 (2019-04-20 14:09)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。