QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
イズミヤ
イズミヤ

2019年03月23日

今日はゴルフヴァリアントと、ミライース中古車のボディーガラスコートに、メチャ酷いヘッドライトリペアの話です。








皆さんこんにちわ。(●^o^●)







とうとう松山も桜の開花宣言が出ました!






来週末は各地でお花見客でいっぱいになりそうです!face_02








今日はボディーコートで、VWゴルフヴァリアントとミライースが入庫しています。







ゴルフヴァリアントはいつものファーレン松山様よりのご依頼です。






いつもありがとうございます。face_02







ミライースは、まだ新しい中古車を買われたお客様が、お手入れを楽にしたいとの事で入庫頂きました。







今はもうガラスコーティングは、新車はもちろん中古車であっても、新しく購入したらするのが当たり前になってます。







中古車とはいえ、購入された方にとっては新しく購入した訳ですから、新車を買うのと気持ち的には変わらないと思うんです。






しかし新車はもちろん新車なんで、どこもかしこも完ぺきに綺麗ですが、中古車はそうは行きません。






ですので、少しでも新車に近づけるよう、一生懸命綺麗にさせていただいてます。






このミライースも、新車と見間違える位綺麗にさせていただきました。






どうもありがとうございました。face_02









次は今まで入庫になった中でも、トップクラスに酷いヘッドライトリペアです。








同じ角度で撮った写真を、施工前と施工後で並べました。







ビフォー

アフター





ビフォー

アフター




ビフォー

アフター





ビフォー

アフター




ビフォー

アフター




最初見たときは、こんな酷いのが綺麗になるのかな?と思ったくらいでしたが、新品のように綺麗になりました。






お客様もビックリface_08されてましたね。






お土産まで頂いてどうもありがとうございました。face_02






それでは明日は日曜日です。







高知のかいだ屋と言う、うなぎで有名な店に、友人たちとツーリングに行く予定です。







何でも行った人に聞いたら、今まで食べたウナギの中で一番美味しかった!






と言うくらいおいしいウナギなんだそうです。






楽しみだなあ。(^^♪









それでは皆様、良い週末をお過ごしください!(^o^)丿






  

2019年03月16日

今回はベンツのモールフィルムに、ホログラフィックフィルム。保険を使ったガラス交換、信じられないホンダの車検の話です





皆さんこんにちわ。(●^o^●)









前回のブログにも書きましたが、ベンツのアルミモールに貼る透明プロテクションフィルムが絶好調です!




















元々このフィルムは、ドアノブの傷つき防止やヘッドライトの黄ばみ防止、またボディの傷つき防止などで貼るフィルムですが、
それなら欧州車のアルミモールに貼れば白錆の腐食も防げるのではないか。との発想から貼り始めた訳です。







そして当社で雨ざらしのクルマで一年間テストしたところ、全く何ともなかったんですね。







そうしましたら、シュテルン愛媛様より、デモ車全てに貼って下さることになりまして、連日の入庫になってる訳です。face_02







ベンツと言えば誰もが認める高級車ですが、雨ざらしの状態ですと、新車からわずか数か月でもモールが腐食してきます。







新車から一年も経たずにそうなってしまったら、がっかりしますよね。








これはベンツに限らず、欧州車のディーラーさんやオーナー様皆さんが感じられてる事だと思います。







そんな悩みから解消してくれるのが、当社のモールプロテクションフィルムなんです。







このフィルムは、少々の傷なら自己修復機能で復元しますし、特殊なフッ素加工がしてありますので、汚れも付きにくくなっています。







耐用年数も約五年との事ですので、何にもしてない欧州車ですと、ほとんどのクルマで白錆が出ていますから、買い替えの際の下取り価格にも差が出ると思います。







最初は多少の費用はかかりますが、買い替えまで気持ちよく乗れて、下取り価格もUPすれば、十分もとは取れるんじゃないかと思います。







欧州車を買われた方は、是非ご検討されてはいかがでしょうか。face_02









次ですが、プライバシーガラスのハイエースに、5%のスモークフィルムの施工を行いました。







プライバシーの上から5%ですから、もちろん外からは真っ黒で室内は全く見えません。







しかし室内から見てみるとどうですか?







こんなに良く見えるんです!face_08







フィルムには、染色タイプ、原着タイプ、顔料タイプ、蒸着タイプ、スパッタリングタイプなど、様々なタイプのフィルムが有ります。







その中でもっとも透明度が悪いのが顔料タイプです。







ですので当社では、基本顔料タイプのフィルムは使っていません。







もちろん顔料タイプにもメリットの有る点は有るのですが、透明度の悪いのが私は許せないんですね。







お客様にも大変良く見えると喜んで頂きました。







どうもありがとうございました。face_02









次はホログラフィックフィルムを、プリウスとハリアーに施工致しました。

















プリウスは晴天時に撮影して、ハリアーは曇天時ですので見え方が違うと思います。






カッコ良くなったと大変喜んで頂きました。






どうもありがとうございました。face_02










次は保険を使ったフロントガラス交換です。







N-BOXとハスラーですが、両方とも断熱フロントガラスのサンテクトを使い、また翌年の保険料の値上がり分は全額当社で負担させて戴きました。












ガラスが割れたらぜひ当社までご連絡下さいませ。face_02









えー、次ですが、最近信じられない出来事が有りました。






当社の隣のマンションに住んでられる方が、フィットの車検を当社に依頼されたんですね。






当社は自社で車検整備はしませんので、信頼のおける協力業者に外注するんですが、その業者から、スパークプラグを外そうとしたらねじ山が潰れている。
と連絡が有りまして。






あくまで推測ですが、以前このクルマのスパークプラグを外した業者が、再度付ける時に斜めの状態で無理やりねじ込んだんだと思うんですね。






スパークプラグなんてものは、普通は車検の時に点検するものですから、前回車検に出した所がやったのではないかと思った訳です。






と言いますのも、前回の車検時の走行距離は、92700キロで、点検記録簿のスパークプラグの状態の所にもしっかりチェックマークが入っていたからなんです。






このフィットもそうですが、最近のスパークプラグは白金プラグと言って、10万キロ無交換の長寿命プラグが使われています。






ですので、走行距離が5万キロ以下くらいだと、エンジンがスムーズに回ってさえいれば点検の省略もするみたいですが、さすがに92700キロですし、次回の車検までにはほぼ間違いなく寿命の10万キロに達する訳ですから、(今回の走行距離は107700キロ)普通はプラグを外して交換を勧めると思うんです。






しかし前回車検をしたホンダディーラーから返ってきた答えは、入庫時点で10万キロに達してないので、当社ではプラグを外して点検などしない。
チェックマークはエンジンがスムーズに回っていたので問題ないと思い入れた。との返事だったんです。






これにはビックリしましたね。ホンダディーラーは、10万キロが寿命のプラグが、車検時に92700キロでも外してチェックもしないそうです。






車検というのは、次の車検までの二年間、安心して乗れるように整備してもらえるから高いお金を払う意味があると思っていましたが、
このフィットの車検をしたホンダディーラーの考えは違うようですね。






結局このフィットのお客様は、なめたねじ山を修復しないとプラグが付けれませんので、ヘッドカバーを外してプラグホールのリコイルの修復を行うと言う、決して安くない余分な費用がかかってしまいました。






ちなみに今回車検に出した、協力業者の社長に聞いてみますと、白金プラグだろうが普通のプラグだろうが、一部の例外を除き、車検時には必ずプラグの点検はするそうです。






と言いますのも、軽自動車などのプラグは白金プラグであっても、10万キロなどは到底持たないそうなんですね。






況してやこのフィットは92700キロ走ってたんです。プラグを外さないなんて有り得ない!と言っていました。






私もそお思いますが、皆さんはどお思われますでしょうか。








それでは今日は土曜日です。







今晩、自分の大好きなTV番組、マグロに賭けた男たち!が有ります。







悲運のマグロ漁師にスポットを当てた番組ですが、今回はマグロが獲れたんでしょうか。







いつもテレビの前で頑張れーっ!と応援させて貰ってるんです。






良かったら皆さんも見て下さい。







それでは皆様、良い週末をお過ごしください!(^o^)丿





  

2019年03月02日

今日はVWティグアンとAMGベンツG63の入庫にヘッドライトリペア、ベンツのモールプロテクションフィルム等の話です。






皆さんこんにちわ。(●^o^●)









とうとう三月に入りました!face_02








一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。と言いますから、あっと言う間に来月が来るんでしょうね。








それでは本日も更新頑張ります!ぐー










今日はボディーコートで、VWティグアンとベンツAMG G63が入庫しています。







ティグアンはいつもお世話になってます、ファーレン松山様よりのご依頼です。







いつも有難う御座います。face_02









で、凄いのがこのベンツなんですが、車両価格だけで二千万以上します!face_08









もう走る一軒家ですね。(^^;)








こんな超高級車が入庫するとメチャメチャ神経使いますが、当社を信頼してお預けして頂いてるので、その分やりがいは凄く有りますね。







ボディーコート以外にガラスの撥水加工も承りました。







どうも有り難うございました。face_02










次ですがソアラのヘッドライトリペアです。







ビフォー






アフター






当社のヘッドライトリペアは、GSでやるような簡易的な方法ではなく、ヘッドライト表面を、番手の違う耐水ぺーパーで徹底的に磨いた後表面の特殊処理を行い、新品に近い状態に仕上げます。







ヘッドライトの曇りや黄ばみでお困りの方は、是非当社までご連絡下さいませ。face_02









次はシュテルン愛媛様より、ベンツのモールラッピングのご依頼を頂きました。








全てのデモ車に施工するとの事で順番にご入庫頂いています。















透明なので分かりにくいですが全て施工済みの写真になります。








ベンツなどの欧州車のモールにはアルミが使われており、これがちょっと厄介ですぐにサビて来ます。








サビと言ってもアルミなので白サビなのですが、これがクルマの外観を非常に悪くします。







早いものだと新車で買って数か月でもうサビて来るんです。







アルミモールに塗るコーティング剤なども有るようですが、どれも効果はイマイチで、これ!っと言う物が無かったんですね。







で、当社としても何とかならないかな。とやってみたのが、白サビの出たモールの上からラッピングフィルムを貼ってしまう方法でした。







これは非常に効果的で、色も色々選べて耐久性もそこそこ有るので良かったのですが、今度はサビを防ぐために新車に貼れないか。と言う事を考えました。







ただ新車ですので、ラッピングフィルムの様な色付きのフィルムでなく、透明のフィルムが求められます。







ですので、通常は傷つき防止の用途で貼る、透明のプロテクションフィルムを貼ってどうなるか試してみました。







そうしますと雨ざらしにも拘わらず、一年以上経ってもモールは何ともなかったんですね。







まあフィルムで覆ってるので、当然空気にも湿気にも晒されませんから当然と言えば当然なんですけどね。







また当社の貼るフィルムは、キュアテクトナノフィルムと言って、表面に特殊なフッ素皮膜を有する事で、圧倒的な防汚性と長時間持続する撥水性を可能にしています。







耐久性も約五年との事ですので、ガレージ保管のクルマであれば更なる長期間に亘ってモールを保護してくれると思います。








このベンツのモールはブラックモールですが、これにも施工させて頂きました。








欧州車を買われた方や、すでに白サビで悩んでる方は是非ご連絡下さいませ。face_02











それでは明日は日曜日です。








お天気がイマイチですのでどうするかな。








それでは皆様、良い週末をお過ごしください!(^o^)丿