QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
イズミヤ
イズミヤ

2015年02月24日

今日は愛南町での出張ガラス交換とBMWにHIDを取り付けました!



皆さんこんにちわ(●^o^●)




土曜日にUPしようと思って途中まで書いてたのですがお客さまが立て続けに来られて週末にUP出来なかったので今日UPしますね。




先週の木曜日ですがとんでもない場所への出張ガラス交換依頼が有りました!



その場所は何と!愛南町の一本松!face_08



ええもう目の前が宿毛市と言う愛媛県の最南端です!



当社から片道143キロ!!



早朝五時半に会社を出発して現場に到着したのが八時半位ですから三時間程かかりました。



着いた場所は山を切り開いて太陽光パネルを設置してる工事現場でした。







そこで工事に使われる小型トラックのフロントガラスを交換したのですが、その場所の土が凄い粘土質で。



歩くたんびに靴底にへばりついてもう大変でした。face_07



帰りに寄ったコンビニに入る前に、かなり土を落としましたけど完全には取れず、汚い靴で店に入って申し訳なかったです。face_10



一本松なんて久し振りに行きましたが今度はツーリングで行ってみたいですね。face_02








次にですが先日、当社としては珍しい仕事をしました。





もう今では当たり前になってるHIDライトですが、
ちょっと古い車や新車価格が安いクルマなどはまだまだハロゲンバルブが使われてます。



しかしあの真っ白な光やハロゲンとは全然違う光量などを一度経験するともうHIDじゃないクルマには乗れなくなってしまいます。



LEDもかなりの所まで進化していますが、後付になると正直まだHIDに分が有ると思います。



それで当社のお客さまでセカンドカーで買った、BMWのZ3にHIDを付られました。



ヘッドライトは特に問題なく付きましたが、問題はフォグライトでした。



この様にZ3のフォグライトの裏にはカバーがあり、そのままではバルブがカバーに当たって付きません。





またライトの中にもシェードと呼ばれる金属製のカバーが有りこれも取り除かないとバルブが入りません。



それにHIDにはバラストと呼ばれるBOXが有るのでそれも何とかしないといけないんです。



その為、今回フォグライトに使用するHIDはバラストが小型のMINIタイプを使用しました。



このカバーの裏に二ヶ所穴を開けバルブとバラストが付くように加工します。



出来上がりました。





そしてクルマに取り付けて点灯。




おお!真っ白な光を放ってますね!face_08



これで夜間の運転もバッチリ安全運転出来ると思います。




ヘッドライトやフォグライトなどを明るくされたい方もご相談下さいませ。face_02









それでは今日はこの辺で失礼します!(^o^)丿





  

2015年02月14日

今日はヘッドライトリペアにちょっと信じられないガラスリペアの話です。


皆さんこんにちわ(●^o^●)





早いものでもう週末が来てしまいました。face_02



それでは今日もブログの更新頑張ります!ぐー



今日はまずヘッドライトリペアからです。

ビフォー





アフター





新車から10年位経ってると殆どのクルマのライトはくすんでますね。



またこのクルマもそうだったんですが、プロジェクターやHIDになってるのが多いので、最近のクルマのライトは非常に高額になってます。



当社のヘッドライトリペアは新品と同じハードコート加工を行いますので耐久性もバツグンです。



それでいて価格はリーズナブル。




ヘッドライトのくすみでお困りの方は当社までご連絡下さいね。face_02







次にですが、ちょっと当社では信じられない事でお客さまがいらっしゃいました。



このクルマなんですが、フロントガラスのこの場所に飛び石で直径一センチ程のひび割れが出来たらしく。



メジャーで計ると大体端から10センチ位の所ですね。





とある自動車ガラス店に持っていったらしいのですがそこでこう言われたらしいんです。



「端から10センチ以内のキズは作業中にヒビが伸びる場合がありますがその時はご勘弁願います」



お客さまは、「そうは言ってもまあ大丈夫だろう」とクルマを預けて15分後に「やっぱり伸びてしまいました」との事。



最初に説明を受けていたので、交換の見積もりだけ貰って取り敢えず帰ってから当社にご連絡頂きました。



そして本日来店されて実際にヒビを見てビックリしましたね。



この場所であれば、直径一センチ程のヒビが修理中に伸びる事はまず有りません。断言します。



確かにガラスの端に有るヒビは修理中に伸びてしまう事は有りますが、お客さまにそのリスクを説明するのは五センチ以内に有る場合です。



それでも私は25年間で、何千ヶ所ものヒビを修理しましたが修理中に伸びたのは過去たった数台です。
(それも端から二~三センチ位のヒビです。)



ですのでこの位置でヒビを伸ばしたりしたのは無いですね。





そしてお客さまがその業者から受け取ったガラス交換の見積もりはなんと定価でした。face_08



ちょっとビックリしません?face_07



施工店のミスでヒビを伸ばしておきながら交換の際はしっかり定価で請求するってどうなんですかね?



勿論当社では断熱ガラスのサンテクトを殆ど業者価格で交換させて頂きました。





大変喜んで頂き私も嬉しかったです。



お客さまどうも有り難うございました!face_02






それでは明日は日曜日ですね。


何でもうちの娘の通ってる塾では八耐が有るとか。


八時間耐久レースではなく八時間耐久授業とか。


朝から夜の7時まで有るみたいです。


中学生も大変ですね。(>_<)




それでは皆さん良い週末をお過ごし下さい!(^o^)丿



  

2015年02月07日

今日は三井住友海上の有り得ない対応の話と、知っておいたらちょっぴり得するかも?の話です。


皆さんこんにちわ(●^o^●)





今日はUPにゴルフ、バモスにストリームなどがボディーコートで入庫。







レクサスがフィルムで入庫。



大型トラック、ギガのガラス交換などで忙しくしてます。
(写真撮るの忘れました)face_10



このブログや当社のHPを見られてる方でボディーコートに興味有るけど高いんだろうなって方も沢山居られると思いますが


お客さまのほうで金額をご提示頂けば、その金額で精一杯出来る内容で施工させて頂きます。


気になられたらいつでも気軽にお電話下さいませ。


宜しくお願いします。face_02






えー、それでですね。


ちょっと面白い記事を見つけたので紹介します。face_02


皆さんパーキングメーターって知ってますよね?


松山市内にもいくつか有りますけど、自分は一~二回しか使った事ないのですが、普通は車止めたらすぐに料金入れて一時間以内に帰ってくればOKでそのまま放置すれば駐車禁止でキップ切られてもしょうがない。って思ってますよね。


ところがですね、あれって料金入れなくても、60分以内にクルマを出せばOKって知ってました?


59分ルールと言うらしいのですが、その事で警察とやり取りした方のブログが有ります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/854169/blog/34968489/
http://rick08.hatenablog.com/entry/2015/01/28/154444


でもこれ、正しく正直者がバカを見る、典型的な事例だと思いません?


ただ、私が試した訳ではないので、実践される方はあくまで「自己責任」でお願いしますね。face_03





とブログを書いてると、フロントガラスが飛び石で割れたお客さまがいらっしゃいまして。



車両保険に入ってられると言うのですが、お父様所有のクルマらしいんですね。


保険会社を尋ねると、三井住友海上だと言われるので、休日事故受付サポートに電話して貰いました。


担当の方が、契約者やクルマのナンバー、何処でいつ割れたかなどを詳しく聞かれてて、最後に代わってもらい、「ガラス屋の者です。車両保険の等級や免責の有無など、保険の内容を教えて下さい。」


と言ったら「こちらは受付ですので、休日明けにお客さまにこちらから連絡します」と言うんですね。


私は「いやいや、保険の内容くらいすぐに分かるでしょう。それが分からないとどうするかお客さまと決められないじゃないですか」


と言っても、こちらは受付ですので内容については休日明けと言いはるんですね」


私は「そんなバカな事はないでしょう。契約内容くらいすぐに分かるはずだ。」


とゴリ押ししたら、「それでは五分ほど待って下さい、五分後にかけ直します」と。


そして五分後にかけて来て何と言ったと思います?


「その契約者とナンバーは、該当が有りません」face_08


もう呆れてしまいました。face_07



このお客さまは三井住友に入ってると勘違いしてたと言う事なんですが、保険証書をクルマに積んでない場合や、親御さんが保険に入ってる場合、たまにこんな事が有ります。


私が思うに、普通は休日事故受付サポートに電話した場合、契約が有るか無いかを確かめてから事故状況やクルマの搬入先などを聞くのが当たり前じゃないでしょうか。


それを最初に契約者名と登録ナンバーを伝えてるのに、契約が有るか無いかを調べもせず、長々と事故状況や搬入先やお客さまの電話番号等を聞き出し、休み明けに電話しますとまで言ったんですね。


いったい三井住友のサポートマニュアルってどうなっているのでしょう?


最初に契約の有無を調べれば「当社でご契約は無いようです」の一言で済む話です。



ホント無駄な事をする会社だなと思いましたね。DOWN









それではお天気がちょっと心配なんですが、明日は愛媛マラソンの日ですね。


自分が通ってるジム、レフコ松山店からも沢山の方が参加されるみたいです。


自分はとても42.195キロなんて走れませんが、出場者の方は頑張って下さいね。


このブログ見て頂いてる方の中にも参加される方居るのかな?


それでは皆さん良い週末をお過ごし下さい!(^o^)丿